ソニーは、新開発の「Exmor」(エクスモア)APS HD CMOSセンサを搭載した、レンズ交換式デジタルHDビデオカメラ「ハンディカム NEX-VG20」を、11月11日に発売する。価格はオープンで、実勢価格はボディのみが16万円前後、「E18-200mm F3.5-6.3 OSS」が付属するズームレンズキット「NEX-VG20H」が22万円前後の見込み。

ハンディカム NEX-VG20

 「NEX-VG20」は、従来機の約19.5倍の受光面積をもつAPS-Cサイズの有効画素数約1610万画素イメージセンサを搭載。被写体にピントを合わせて、それ以外の部分をきれいにぼかす、ぼけ味を生かした撮影ができる。

 高速処理と高画質処理を両立する画質処理エンジン「BIONZ」と連携することで、高精細できめ細やかな階調を表現。暗所でも低ノイズでクリアな映像を実現する。さらに、1秒あたり最高約6コマの高速連写機能やRAW画像撮影機能など、高画質の静止画撮影機能を備える。

 レンズマウントはEマウントで、従来機種「NEX-VG10」と比べて、動画撮影時のAF速度が約3倍向上している。また、「Translucent Mirror Technology」(トランスルーセントミラー・テクノロジー)を内蔵し、高速で高精度なTTL位相差検出方式のAFに対応するマウントアダプタ「LA-EA2」(別売)を使用すれば、Aマウントレンズを装着して動きの速い被写体にもスムーズなピント合わせができる。

 動画撮影は、AVCHD Ver.2.0(Progressive)に準拠した1920×1080で60pの記録モードに対応。「Exmor」APS HD CMOSセンサとの連携によって、スムーズかつ高画質な映像を実現する。また、フィルム映画のような24p記録にも対応しており、フィルム調の色合いを再現する「シネマトーンガンマ」や「シネマトーンカラー」と組み合わせれば、映画作品のようなクリエイティブな映像表現ができる。

 音声は、4個の無指向性マイクカプセルを配置したステレオマイクと信号処理技術を組み合わせることで、5.1chの臨場感溢れるクリアな音声記録を実現している。また、31段階の録音レベル調整ができるオーディオレベルコントロール機能を搭載。液晶パネルのレベルメーターを確認しながら、音量を調整することができる。

 対応メディアは、メモリースティックPRO デュオ/メモリースティックPRO-HG デュオ/SD/SDHC/SDXCメモリカード。USB接続に対応するOSは、Windows 7(SP1)/Vista(SP2)/XP(SP3)。サイズは幅約91×高さ約130×奥行き約223mmで、重さは約645g。