パナソニックは、AM/FMチューナーを搭載し、ラジオ放送の受信や録音、再生ができるICレコーダー「RR-RS150」と「RR-RS250」を、9月8日に発売する。価格はどちらもオープンで、実勢価格は「RR-RS150」「RR-RS250」ともに3万円前後の見込み。

RR-RS150/RR-RS250

 「RR-RS150」と「RR-RS250」が搭載するAM/FMラジオチューナーは、使用する地域を設定するだけで放送局を自動登録。また、最大5件まで登録できるダイレクト選局ボタンで、よく聴く放送局をすぐに呼び出すことができる。予約録音は最大20件で、1回(24時間以内)/毎日/曜日設定/日付指定(翌月末まで)の4パターンがある。

 録音は、高音質のリニアPCMと、データ圧縮を行うことで長時間録音ができるMP3に対応。「おまかせシーンセレクト」で、マイク録音用×3種類/ダビング録音用×3種類の六つのシーンから、目的のシーンを選んで録音することができる。録音レベル調整、録音ピークリミッター、録音イコライザーなど、豊富な録音調整機能をもつ。

 高品質スピーカー、充電、ライン入力、AM/FM延長アンテナを搭載したスピーカークレードルが付属する。

 「RR-RS150」には39×25mmの大型液晶と高感度ステレオマイクを搭載。カラーはブラックとホワイトの2種類。スピーカークレードルには独立したスリープタイマーボタンを備える。

 「RR-RS250」は無指向性ステレオマイクを内蔵。カラーはブラック。スピーカークレードルにはFMロッドアンテナを搭載する。

 両機種とも、microSDHCカードスロットを備え、4GBのmicroSDHCカードが付属する。サイズと重さは、「RR-RS150」本体が幅54.5×高さ113.5×奥行き18.6mm、重さ約102gで、クレードルが幅209.2×高さ123.0(ICレコーダー本体セット時128.0)×奥行き104.5mm、重さ約680g。「RR-RS250」本体が幅42.6×高さ112.3×奥行き11.0mm、重さ約67gで、クレードルが幅180.9×高さ141.0×奥行き30.9mm、重さ約343g。