マカフィーは、盗み出されたオンライン情報を扱うブラックマーケット「カーディングフォーラム」を舞台に、ハッカー集団同士が激しい抗争を展開している様子を自社ブログで紹介している。

 サイバー犯罪者や自称「ハクティビスト」が盗み出したクレジットカード情報や、ログイン情報などの個人情報の売買は、「カーディングフォーラム」と呼ばれるブラックマーケットで行われている。

 「カーディングフォーラム」自体も、他のハッカーグループや犯罪組織からの攻撃にさらされている。その背景には、競合する他のフォーラムのセキュリティ不備を証明できれば、そのフォーラムの市場シェアを獲得できるということがある。

 過去には、不正侵入や管理者権限の奪取、相手のデータベースを安価で販売してしまうなどの抗争が繰り広げられ、近年にもハッカー集団「Anonymous」が別のハッカーグループ「LulzSec」の機密情報を暴露したことがあった。マカフィーは、争いは当分やみそうにないと分析している。