ソニーは、コンパクトデジタルカメラ「Cyber-Shot(サイバーショット)」の新製品として、タッチパネルを搭載した「DSC-WX30」「DSC-TX55」と、CCDセンサ搭載の「DSC-W550」を8月5日から順次発売する。

 35mmフィルムカメラ換算でレンズ焦点距離25-125mmの光学5倍ズームレンズをもつ「DSC-WX30」と、26-130mmの光学5倍ズームレンズをもつ「DSC-TX55」は、ともに有効約1620万画素1/2.3型の裏面照射型「Exmor R(エクスモア アール)CMOSセンサー」を搭載。数百の内蔵データを参照して、写真の解像感を向上させる独自技術「全画素超解像技術」によって、光学5倍ズームレンズで高精細な10倍ズーム撮影ができる。

DSC-WX30

 動画記録フォーマットは、AVCHD、MP4。光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正を併用する「動画手ブレ補正 アクティブモード」で、広角側だけでなく望遠側の手ブレ補正を実現。歩きながらや、ズームを用いた撮影でも手ブレを抑えることができる。

 このほか、静止画で特殊効果が楽しめる「ピクチャーエフェクト」を搭載。被写体が小さくなったように撮影できる「ミニチュア」や、被写体を絵に描いたような写真が撮影できる「絵画調HDR」など、七つの特殊効果を選んで、いつもとは違った撮影が楽しめる。

DSC-TX55

 「DSC-WX30」は、幅92.2×高さ 51.9×奥行き19.1mmで、重さは約117g。タッチパネルは感圧式を採用している。そのほか、かざしたり置いたりするだけで、画像が転送できる「TransferJet」に対応する。カラーは、シルバー、ブラック、バイオレット、ピンク、ゴールドで、実勢価格は3万円前後の見込み。

 「DSC-TX55」は92.9×高さ54.4×奥行き13.2mmで、重さは約約109g。タッチパネルは静電式。シルバー、ブラック、レッド、ブラウン、ゴールドで、実勢価格は3万8000円前後の見込み。

DSC-W550

 「DSC-W550」は、「全画素超解像技術」や「ピクチャーエフェクト」などを搭載していないシンプルモデル。有効1410万画素のCCDを搭載し、レンズは焦点距離26-104mm(35mmフィルムカメラ換算)の光学4倍ズーム。モニタは3.0型液晶で、タッチパネル操作には対応していない。動画記録フォーマットはMotion JPEG。本体サイズは、幅95.9mm×高さ57.3×奥行き19.3mmで、重さは約122g。本体カラーは、シルバー、ブラック、ブルー、ピンク、グリーン。実勢価格は1万5000円前後の見込み。