大和ハウス工業とソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)は、スマートフォンのアプリケーションを利用し、ゲーム感覚で家庭内の家電機器を制御するシステムの公開実験を、7月8・9日の2日間、大和ハウス東京ビル併設の体感型施設「D-TEC PLAZA」で実施する。

 経済産業省クールジャパン室の仲介で始まった今回の共同プロジェクトは、大和ハウス工業のスマートハウスの研究(住宅API)と、ソニーCSLが取り組む「生活空間エンターテインメント」の研究成果であるコンテンツ開発プラットフォーム(ストーリーゲームの制作に特化した開発環境「Kadecot」)を用いたスマートハウスにおける新たな付加価値の提案を目的としている。

今回の実証試験に活用した開発プラットフォームのイメージ

 その一例として、自宅のテレビやエアコンなどの家電機器が親しみやすいアニメキャラクターとなり、機器のコントロールや省エネのアドバイスなどを行うスマートフォン用アプリを開発した。家電機器を擬人化したキャラクターが、ユーザーの家電機器の使い方をもとにさまざまなストーリーを展開する「ゲームモード」、スマートフォン上にキャラクターをモチーフにしたリモコン画面を表示し、家電機器を操作する「リモコンモード」の二つのモードを用意。リモコンモードでは、ゲームをクリアすると、新たな機能が追加される。ゲームの音声には、タレントの水瀬いのりさんを起用。声優による声で、キャラクターとの親近感を高める試みも行う。

ゲームモード、ストーリーモードの画面イメージ

 公開実験は事前予約制で、入場は無料。「Kadecot」プロジェクトのウェブサイト(http://kadecot.com/)から時間枠を指定して申し込む。時間は7月8日が10時~17時、7月9日は10時~16時。

開発中のスマートフォン向け家電リモコンアプリ「萌家電」の紹介ページ

 今回の公開実験で提案したコンテンツ開発のプラットフォーム技術については、今後、さまざまな企業やユーザーが利用できるよう公開していく予定。Kadecotを利用したアプリ「萌家電」シリーズの開発も行っており、Kadecotシステムとほぼ同時の一般公開を目指している。