ソフトバンクモバイル、片手でも使いやすいスマートフォン「Sweety 003P」

ニュース

2011/05/24 15:46

 ソフトバンクモバイルは、約4.3インチの大画面ながら片手でも使いやすいパナソニックモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Sweety SoftBank 003P」を7月下旬以降に発売する。

Sweety SoftBank 003P

 「Sweety SoftBank 003P」は、約4.3インチの液晶ディスプレイAndroid 2.3を搭載したスマートフォン。右手でも左手でもスピーディに操作できる「タッチスピードセレクター」や、キーのサイズや位置を変えて自分の手に合ったキーパッドを作成できる「フィットキー」を利用して、片手でも簡単に操作できる。 

「Future Plus」の利用イメージ

 今いる場所や時間帯に合わせて情報を知らせるアプリ「Future Plus」を搭載。ニュースや天気などの情報配信だけでなく、TwitterやFacebook、mixiなどのSNSやメールなどのサービスとも連携し、多様なサービスをまとめて利用できる。また、ホーム画面やフィットキー、「Future Plus」の画面、写真などを、内蔵するデコ素材で飾り、自分仕様にカスタマイズして楽しめる。

 有効約510万画素のCMOSカメラを搭載し、ワンセグ、赤外線通信などに対応。メールの内容に適した絵文字などを自動で選択し、簡単にデコレメールを作成できる「楽デコ」を備える。また、省電力モードで使用時間を延ばす省電力機能「エコナビ」機能を搭載。緊急地震速報には、後日のアップデートで対応する。サイズは幅約67×高さ128×厚さ14mm、重さは約139g。カラーは、ブリリアントピンク、ホワイト、ブラックの3色。

オススメの記事