マカフィーは、5月23日、Androidをはじめとするさまざまなプラットフォームのスマートフォンに対応する個人向けセキュリティサービス「McAfee WaveSecure」を開始した。利用料金は、年間1ライセンス19.90ドル。日本円での提供は7月をめどに計画中で、7日間の無料トライアル版も用意する。

McAfee WaveSecure

 「McAfee WaveSecure」は、同社が2010年に買収したテンキューブが提供していた個人向けスマートフォンセキュリティサービス。Androidだけでなく、BlackBerryやSymbian、Windows Mobile、J2MEなど、さまざまなプラットフォームのデータを保護する。

 スマートフォンが盗まれたり紛失した場合、ウェブベースのマネジメントコンソールから遠隔操作してスマートフォンの位置を特定したり、電話をロックしたり、すべての情報を本体とメモリーカードから消去したりすることができる。

ウェブベースのマネジメントコンソール

 スマートフォンに保存するテキストメッセージやアドレス帳などのデータを、マネジメントコンソールに自動バックアップ。バックアップしたデータには、ウェブブラウザでアクセスでき、スマートフォンにリストアすることができる。