UQコミュニケーションズは、PCやスマートフォン、ゲーム機など、無線LAN対応機器を同時にインターネットに接続することができるモバイルルータ「WiMAX Speed Wi-Fi」の新モデルとして、シンセイコーポレーションの「URoad-8000」を5月27日に、アイ・オー・データ機器の「WMX-GWMR」を6月中旬に発売する。自社サイトで販売する予定。価格は契約プランによって異なり、順次ウェブサイトで告知する。

 「URoad-8000」は、本体サイズが91×57×20.4mm、重さが約98gと軽量・コンパクトながら、約9時間の連続通信ができる長時間バッテリを搭載。10台までの機器を同時に接続することができる。無線LAN規格としてIEEE802.11b/gに対応し、11nにもアップデートで対応する予定だ。

URoad-8000

 「WMX-GWMR」は、重さ99gで胸ポケットに収まるサイズながら、約6時間の連続通信が可能。予備バッテリ「LI-185A」を用意し、バッテリの交換にも対応する。最大8台までの機器を同時に接続するほか、家では縦置きできる付属のクレードルを使い、有線LAN機器への接続で簡易無線LANルータとして活用することができる。無線LAN規格はIEEE802.11b/g/nに対応する。

WMX-GWMR