東芝ホームテクノは、DCインバータモーターを採用し、省エネ性能を高めた扇風機「F-DLN100」を5月10日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万5000円前後の見込み。

F-DLN100

 DCインバータモーターを採用し、従来のACモーター採用の「F-LM100X」と比較して消費電力を約54%削減した。また、独自の7枚羽根の採用により、連続風は7段階、リズム風は4段階と、細かな風量調節ができる。例えば、「レベル1」の微風は、毎分12m3のそよぐような静かな風で、消費電力は3W。最大風量の「レベル7」は、毎分41m3の強い風で、消費電力は16W(首振りなしの場合)。

 ベース部分を大きく重くすることで転倒しにくくした。小さな子どもやペットのいたずらを防ぐ「チャイルドロック」機能や、「切/入ツインタイマー」、運転停止前の状態を記憶する「メモリー機能」を備える。付属のリモコンには、操作ボタン部分に点字を入れている。

 スペイン語の「7(Siete)」と「風(Vient)」、英語の「静か(Silent)」の3つの意味を組み合わせて「SIENT(サイエント)」と名付けた。