イー・モバイルは、OSにAndroid 2.2を採用したHTC製コンパクトスマートフォン「HTC Aria(S31HT)」を12月17日に発売する。

HTC Aria

 「HTC Aria」は、世界20か国以上で販売しているHTCのグローバル端末を、日本市場向けにカスタマイズしたもの。静電容量方式タッチスクリーンの3.2インチ液晶、約500万画素のCMOSカメラを搭載しながら、手のひらに収まるコンパクトサイズを実現している。

 イー・モバイルの音声端末では初めてOSにAndroid 2.2を採用し、Android マーケットからアプリをダウンロードして利用できる。ダウンロードしたアプリは、microSDHC/SDカードに保存可能。サイズは幅約57.7×高さ103.8×奥行き11.7mm、重さは約115g。カラーはブラック。

 Flash Lite 4に対応し、Flash形式の動画を再生できるほか、最大七つのホーム画面を自由にカスタマイズできるHTC独自のインターフェース「HTC Sense」、TwitterやFacebookなどの更新情報を一つの画面にまとめて時系列に表示する「Friend Stream」、モバイルWi-Fiルータとして使える「テザリング機能」などを搭載する。

 イー・モバイルオンラインストア価格は、契約種別が契約期間の定めのない「ベーシックプラン」の場合は3万9580円、「シンプルにねん+アシスト1200」の場合は820円。

 端末の発売と同時に、HTC Aria専用の新料金プラン「スマートプラン」「スマートプランライト」を提供する。

 「スマートプラン」はデータ通信量にかかわらず基本使用料が一定の定額制プランで、月額料金は契約種別が「べーシック」の場合は5980円、「シンプルにねん+アシスト1200」は5780円。「スマートプランライト」は無料通信分を含んだ2段階定額プランで、「べーシック」は1980円~6380円、「シンプルにねん+アシスト1200」は1780円~6180円となる。

新料金プラン「スマートプラン」「スマートプランライト」のロゴ