ケンウッド、3D映像転送に対応したAVコントロールセンター

ニュース

2010/10/22 13:39

 ケンウッドは、HDMIケーブルで3D映像伝送ができるAVコントロールセンター「RV-7000」を発売した。価格は5万5650円。

RV-7000

 3D映像フォーマットやフルハイビジョンによる映像/音声の伝送をサポートするHDMIの最新規格「1.4a(3D映像伝送、ARC)」に対応し、ARC対応のテレビにはHDMIケーブル1本で接続できる。美しい映像と迫力のあるサラウンド環境を簡単に構築できる。

 ディスクリート構成パワーアンプを5チャンネルのすべてに採用し、2chやサラウンドでクリアな音声の再生を実現した。ディスクの入れ替えやソースの切り替えのときに、最適なサウンドモードを自動選択する。

 定格出力は100W×2。インターフェースにHDMI入力端子×4、HDMI出力端子×1などを備える。本体サイズは幅430×奥行き384×高さ159mm、重さ9kg。

オススメの記事