リンクス、パーツを自由にレイアウト、オープンフレームのPCケース

ニュース

2010/08/17 14:59

 リンクスインターナショナルは、PCパーツを自在にレイアウトできるオープンフレームのPCケース「LANBOYAIR」を、8月15日に発売した。価格はオープンで、実勢価格は2万2800円前後の見込み。

LANBOYAIR

 マザーボードと電源ユニットは、上下の位置を入れ替えることができる。システム構成に応じて、電源ユニットを上もしくは下に設置することで、ケース内部に最適なエアフローを確保できる。

 フロントパネルは、5.25インチベイとファンの上下の位置を自由に入れ替えることができる。ファンの位置を入れ替えることで、5.25インチベイを上段、中段、下段の好きなところに設置できる。また、専用レール「Air Mount」に光学ドライブストレージデバイスを固定することで、縦方向、横方向に設置できる。

 ファンは、標準搭載の120mmファン×5に加え、CPUメモリの冷却とドライブベイの冷却用に120mmファン×8、トップに120mmファン×2を搭載可能。

 フロントには、電源スイッチ、リセットスイッチのほか、USB 2.0/1.1×2、USB 3.0×1、Audio in/out×1などを備える。リアには水冷チューブ用の穴を設置。一般的な外部水冷デバイスを利用できる。トップに水冷システム用のラジエータを搭載することも可能。

 対応マザーボードは、ATX、Micro ATX、Mini-ITX。ドライブベイは、5.25インチベイ×3、3.5インチシャドウベイ×6、2.5インチシャドウベイ×2。拡張スロット×8。本体サイズは幅220×奥行き510×高さ517mm、重さ約8.4kg。カラーはブラック/レッドとブラック/イエローを用意する。

オススメの記事