ヤフーとカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、ポイントサービス、広告事業、地域事業、インターネットサービスで、包括的な業務提携に関する基本合意を締結した。

 業務提携によって、それぞれが強みとするインターネット上のネットワーク、リアル店舗でのネットワークでの顧客基盤とプラットフォームを連携する。サービスの利便性を向上し、インターネットとリアルの経済圏の共同構築を目指す。

「Yahoo!ショッピング」のトップページ

 ポイントサービスの連携では、Yahoo! JAPANはCCCが提供する「Tポイント」を「Yahoo!ショッピング」に導入。これによって、ユーザーは「Yahoo!ショッピング」で買い物をするとき、獲得ポイントを「Yahoo!ポイント」か「Tポイント」のどちらかを選択できるようになる。2010年中に連携を開始する予定。

 広告事業の連携では、インターネットとリアルを連動させた広告の開発や、広告の効果検証などを検討している。地域事業の連携では、両社の地域戦略に基づき、Yahoo! JAPANがもつ地域情報サービスとCCCが提供するTポイントサービスに関する相互営業に向けて協議する。

提示すればTポイントが貯まる「Tカード」TSUTAYA版

 インターネットサービスの連携では、両社がもつエンタテインメント関連サービスやコンテンツの連携、新たなエンタテインメント関連サービスの構築、インターネットとリアル連動型サービスやコンテンツの連携について話し合っていく。ポイント連携以外の事業の開始時期については、これから検討する。