ソフトバンク・フレームワークスは、7月5日、メールアドレスがわかる相手に荷物を送ることができる宅配サービス「メルアド宅配便」で、新たにTwitter ID対応サービスと受取人支払い機能を追加した。利便性を高めるのが狙い。

「メルアド宅配便」のトップページ

 「メルアド宅配便」は、メールやSNS、ブログなどで交流のあるユーザーの間で荷物が送ることができる宅配サービス。全国一律990円で、2009年12月にスタートした。名前、住所、電話番号といった個人情報をお互いに明らかにしなくても配達できるのがメリット。

 Twitter IDの対応では、利用申し込みの際に受取人情報として入力するメールアドレスの代わりに、Twitter IDを入力して利用することができるようになった。

 受取人料金支払い機能は、サービス料金決済手段として「受取人クレジットカード口座課金」を用意することで、申し込み時にサービス料金の支払いを「差出人」または「受取人」のいずれかを選択できる。