ソフトバンクモバイルは、携帯電話の2010年夏モデルとして、創通の許諾・監修によるガンダムのプラモデル「ガンプラ」30周年を記念したガンプラケータイ「945SH G Ver.GP30th」を、数量限定で9月中旬以降に発売する。発売に先立ち、5月19日からオンラインショップとソフトバンク携帯電話の取扱店で予約受付を開始した。

945SH GVer.GP30th
(右は付属の電池カバー、プレミアムデカールでカスタマイズしたイメージ)

 「945SH GVer.GP30th」は、シャープ製の携帯電話「945SH」をベースにした特別仕様モデル。アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する「RX-78-2ガンダム」をイメージさせるホワイトカラーの本体や、ビームサーベルをモチーフにしたワンセグ用のアンテナなど外観デザインから、待受画面やメニュー画面、マイ絵文字、着メロなどのコンテンツまで、ガンダムの世界観で統一した。

「RX-78-2ガンダム」オリジナルプラモデルと945SH G Ver.GP30th専用充電ベース

 さらに、「945SH GVer.GP30th」専用に開発した全長約180mmのメタルインフレームガンプラと専用充電ベースが付属し、組み立てるところから楽しめる。組み立てたガンプラは専用充電ベースにディスプレイすることで、携帯電話のオリジナルコンテンツと連動させることができる。

 「RX-78-2ガンダム」のシールドをイメージした立体デザインの電池カバーや、プレミアムデカール(シール)が付属し、ガンプラのように好みにカスタマイズできる。メインディスプレイは約3.4インチフルワイドVGA(854×480ドット)。「945SH」同様、有効約1210万画素のCCDカメラを搭載する。

 ソフトバンクモバイルは2007年12月に、『機動戦士ガンダム』に登場する人気キャラクターのシャア・アズナブルをモチーフにしたシャア専用ケータイ「913SH G TYPE-CHAR」を発売。「913SH G TYPE-CHAR」にはユーザー自身で組み立てるシャア専用ザクヘッド型充電台が付属し、その大きさや精巧さに発売当時大いに注目が集まった。