TEAMジャパン、高速データ転送のeSATA対応USBメモリ

ニュース

2010/04/07 11:29

 TEAMジャパンは、超高速ファイル転送ができるeSATAドライブとUSB2.0ドライブを一体化した「Combo e-SATA USBメモリー X092」を4月16日に発売する。

Combo e-SATA USBメモリー X092

 特許取得の両方向スライド設計で、eSATA、USB2.0の二つのコネクタを搭載。どちらのインターフェースでも使用でき、eSATA対応デバイスからは、最大読み込み110MB/秒、書き込み40MB/秒の高速でデータを転送できる。サイズは縦82.5×横31.5×高さ6.7mm。

 価格はオープン。実勢価格は、容量16GBの「TG016GX092RX」が4980円前後、32GBの「TG032GX092RX」が9800円前後、64GBの「TG064GX092RX」が1万8800円前後の見込み。

2.5”ポータブルハードディスクドライブ TP1022

 また、USBバスパワー対応のポータブルHDD「2.5”ポータブルハードディスクドライブ TP1022」を4月23日に発売する。外装には強度をもたせたアルミニウムを使用し、落下時の衝撃などからデータを保護する。カラーはゴールドとシルバーの2色。サイズは縦133.3×横80×厚さ19.2mm。

 価格はオープンで、実勢価格は320GBモデルが8980円、500GBモデルが1万2000円、640GBモデルが1万6800円前後の見込み。

オススメの記事