アイ・オー・データ機器は、東芝の液晶テレビ「REGZA(レグザ)」向けの製品として、2.5インチのカートリッジ式HDDの独自規格「REC-iN(レックイン)」を発表した。「RHDMシリーズ」として、新製品2モデルを3月下旬に発売する。税別価格は、容量500GBのHDD「RHDM-500」が1万2500円、テレビやPCと接続するための専用アダプタと「RHDM-500」をセットにした「RHDM-U500」が1万5400円。

(左から)RHDM-500、RHDM-U500(HDDを挿入した状態)

 「REC-iN」は、持ち運びできるコンパクトなHDD。アダプタを使えば、東芝の「REGZA」とつないで番組を録画できる。「REC-iN」を複数使えば、番組ジャンルや家族別で番組を管理しやすくなる。通常のポータブルHDDと同様、PCと接続することもできる。

 「RHDM-500」のサイズは、幅80×奥行き110×高さ12.7mm、重さは約145g。カラーはブラック。専用アダプタは、HDDを立てて設置する「Dockモード」と、フタを閉じてHDDを収納する「Compactモード」から、好みのスタイルで利用できる。アダプタの電源はUSBバスパワー。

 「REC-iN」は同社の独自規格だが、iVDRと互換性をもつ。iVDR対応機器でも利用できるよう、現在iVDRコンソーシアムに働きかけている。アイ・オー・データ機器は今後、「REC-iN」採用製品を増やしていく予定。