KDDIは、au携帯電話のブランド「iida」から、カラフルなボディに大きく数字を刻印したシンプルで印象的なデザインの「lotta(ロッタ)」を、2月19日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は、一括購入の場合で2万円台半ばの見込み。

au「iida」の新端末「lotta」

 プロダクトデザイナーの岩崎一郎氏がデザインを手がけた京セラ製端末。ホワイト、イエロー、グリーンの3色に、グレイや黒の縁取りで明快なコントラストをつけ、色ごとに「3」「5」「7」の数字を本体に刻印している。

 主な仕様は、有効197万画素CMOSセンサを備えたオートフォーカス付きカメラや、2.8型のメインディスプレイなど。GPSで乗り換え検索や地図検索ができる「EZナビウォーク」や、同乗者向けのカーナビゲーションサービス「EZ助手席ナビ」に対応する。

 本体サイズは幅100×奥行き49×厚さ14.6-17mm、重さ108g。連続通話時間は約260分、連続待受時間は約430分。最大16GBのmicroSD/microSDHCカードに対応する。

 端末の発売に合わせ、文房具ブランド「POSTALCO」によるネックストラップと携帯クリーナーのセット「STRAP-TRAP」や、ホワイトとグリーンの「凹」パーツとイエローの「十」パーツで構成するストラップ「8071 STRAP」を、「iida」サイト限定で発売する。価格は、「STRAP-TRAP」が8980円、「8071 STRAP」が1920円。