バッファローは、省エネ機能と無線LAN中継機能(WDS)を搭載した高速無線LAN 11n対応の無線LANブロードバンドルータ「WZR-HP-G301NH」と、子機とのセットモデル計4製品を3月に発売する。

左から、WZR-HP-G301NH、WZR-HP-G301NH/U(上段)、WZR-HP-G301NH/P、WZR-HP-G301NH/E(下段)

 「WZR-HP-G301NH」は、最大300Mbps(規格値)のIEEE802.11nとIEEE802.11g/bに対応した無線LANルータ。省エネ機能として、無線/有線LAN/LEDランプのオン/オフを自動で切り替える「おまかせ節電」機能を搭載。最大69%の節電につながるという。

 また、基本の親機機能に加え、2台の親機を利用して無線LANを中継する機能(WDS)を搭載。電波の死角をなくして、家中隅々まで11nの高速無線LANを利用できる。従来、難しかった中継の設定も、2台の無線LAN親機のAOSSボタンをそれぞれ押すだけで簡単に設定可能。このほか、外付けHDDやUSBメモリ、カードリーダーなどを接続できる「USBハードディスクポート」を備え、例えばUSB接続のHDDをつなげば、ネットワーク対応HDD(NAS)として使うことができる。DLNAにも対応し、手軽に小容量のホームサーバーを構築できる。

 価格は、無線LAN親機単体の「WZR-HP-G301NH」が1万4280円、同製品とUSB2.0用の無線LAN子機「WLI-UC-G300HP」とのセットモデル「WZR-HP-G301NH/U」、CardBus接続の無線LAN子機「WLI-CB-G300HP」とのセットモデル「WZR-HP-G301NH/P」がともに1万8690円、有線LANを4ポート搭載したLAN単子用の無線LAN子機「WLI-TX4-AG300N」とのセットモデル「WZR-HP-G301NH/E」が2万3205円。発売時期はLAN端子子機セットのみ3月下旬で、それ以外の3製品は3月上旬の予定。