シャープ、液晶テレビ「LED AQUOS」第2弾、節電モードなど省エネ機能が充実

ニュース

2010/01/28 16:38

 シャープは、次世代液晶パネルとLEDバックライトシステムを採用した液晶テレビ「LED AQUOS」の第2弾として、省エネ機能を充実させた「Sシリーズ」を2月15日から順次発売する。価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、1920×1080画素のフルハイビジョン対応の52V型「LC-52SE1」が35万円前後、同じく46V型「LC-46SE1」が28万円前後、同じく40V型「LC-40SE1」が18万円前後の見込み。ハイビジョン表示(1366×768画素)の32V型「LC-32SC1」は11万円前後の見込み。

LED AQUOS第2弾、Sシリーズ

 高いコントラスト比を実現する「UV2A技術」搭載の次世代液晶パネルを採用。きめ細かく明るさを制御し、応答速度が速く効率の高いLEDバックライトを使用することで、高画質と省エネを両立した。

 人の動きに応じて、自動的に節電モードに切り換える「ムーブセンサー」を画面下部に配置。テレビの前から人が離れたり、テレビをつけたまま寝たりすると、節電モードに切り換わる。また、一定時間が経過すれば、電源がオフになる。センサーの検知範囲は、半径約3m、横方向約90度、縦方向約40度。部屋の照明を消すと、電源がオフになる「照明オフ連動」機能も備え、省エネ機能を充実させた。

画面下部中央に「ムーブセンサー」を内蔵

 頻繁に見る番組や番組ジャンルをテレビが分析・記憶し、ワンタッチで選局する「常連番組ボタン」を搭載。番組を電子番組表の画面に一覧表示すれば、番組の視聴や録画予約が手軽にできる。

 いずれも地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載。カラーは、52V型「LC-52SE1」と46V型「LC-46SE1」がブラックとホワイトの2色、40V型「LC-40SE1」と32V型「LC-32SC1」はブラック、ホワイトに加え、レッドを揃える。

オススメの記事