ブルーレイディスク(BD)レコーダーは、この一年、市場全体で大きな存在感を示すようになった。完全に市民権を得たといっていい。2009年11月の「BCNランキング」の構成比では、台数で68.9%、金額は81.4%と、いずれも過半数を超えている。そこで、BDレコーダーとそれ以外のレコーダーに分けて、2009年に人気を集めた機種を紹介しよう。集計期間は2009年1月1日-12月23日、カラーバリエーションは合算して集計した。

・液晶テレビの09年の年間ランキングはこちら

BDレコーダー シリーズ別 販売台数シェア トップ10
集計期間:2009年1月1日-12月23日
順位 メーカー名 型番・シリーズ名 HDD容量
(GB)
発売年月 販売台数
シェア(%)
1 シャープ BD-HDS32 320 2009/04 9.3
2 ソニー BDZ-T55 320 2008/10 6.3
3 パナソニック DMR-BW750 320 2009/02 5.81
4 パナソニック DMR-BR550 250 2009/02 5.77
5 シャープ BD-HDW32 320 2009/03 5.5
6 シャープ BD-HD22 250 2008/10 4.7
7 パナソニック DMR-BW850 500 2009/02 4.4
8 パナソニック DMR-BW770 500 2009/09 4.1
9 ソニー BDZ-T75 320 2008/10 4.0
10 シャープ BD-HDW35 500 2009/03 3.9

「BCNランキング」 09年1月1日-12月23日 日次合算<最大パネル>



 まずはBDレコーダーの売れ筋からチェックしよう。1位はシャープの「BD-HDS32」で、販売台数シェアは9.3%。地上・BS・110度CSデジタルチューナーを各1基搭載するモデルだ。2位はソニー「BDZ-T55」で、6.2%。こちらも地上・BS・110度CSデジタルチューナーを各1基備えるスタンダードなタイプだ。1、2位いずれもシングルチューナーで、価格の安いエントリーモデルが人気を集めている。 

シャープの「BD-HDS32」、ソニーの「BDZ-T55」

 3位はパナソニック「DMR-BW750」で5.81%、4位も同じくパナソニックで「DMR-BR550」が5.77%だった。2モデルともに、対応するワンセグ携帯電話であれば、録画した番組を保存して持ち出せる。このほか、パナソニックのBDレコーダーならではの利点として、SD/SDHCカードスロットがある。カードを挿入すれば保存した写真や動画を手軽に楽しめるため、こうした使いやすさも売れている理由の一つだろう。

 5位はシャープの「BD-HDW32」で5.5%。地上・BS・110度CSデジタルチューナーを各2基ずつ搭載する、いわゆるダブルチューナーモデルだ。ちなみに、3位の「DMR-BW750」もダブルチューナーモデルだ。

 BDレコーダーの上位10モデルのHDD容量を見ると、7位の「DMR-BW850」、8位の「DMR-BW770」、10位の「BD-HDW35」を除き、いずれも250GBまたは320GBだった。HDD容量が増えるほど、価格が高くなる傾向にあり、売れ筋モデルの大容量化は進んでいない。ハイビジョン画質のまま、長時間録画できる機能がほとんどのメーカーの製品に搭載され、使い方によっては、それほどHDD容量を必要としなくなったことも一因だろう。 

パナソニックの「DMR-BW750」「DMR-BR550」、シャープの「BD-HDW32」

 一方、DVDレコーダーやHDDレコーダーなど、BDに対応していないレコーダー(以下、その他レコーダー)はどうだろうか。

その他レコーダー(※) シリーズ別販売台数シェア トップ10
集計期間:2009年1月1日-12月23日
※その他レコーダー…BDに対応していない製品すべて
順位 メーカー名 型番・シリーズ名 HDD容量
(GB)
発売年月 販売台数
シェア(%)
1 シャープ DV-AC82 250 2008/03 17.5
2 シャープ DV-ACV52 250 2007/05 9.1
3 東芝 RD-S303 320 2008/11 5.7
4 パナソニック DMR-XE1 160 2009/04 5.7
5 パナソニック DMR-XP12 250 2008/02 5.1
6 東芝 RD-E303 320 2009/02 5.0
7 DXアンテナ DVR-120V HDDなし   5.0
8 東芝 RD-E304K 320 2009/08 4.9
9 東芝 RD-S304K 320 2009/09 2.7
10 パナソニック DMR-XP15 250 2009/02 2.7

「BCNランキング」 09年1月1日-12月23日 日次合算<最大パネル>



 1位はシャープのHDD-DVDレコーダー「DV-AC82」がシェア17.5%でダントツ。2位も同じくシャープで、VHS一体型モデル「DV-ACV52」が9.1%を獲得した。DVDだけでなく、手持ちのVHSテープも再生できる。VHS一体型モデルは2位に加え、7位にも入っており、VHS需要がまだあることが読み取れる。 

シャープの「DV-AC82」「DV-ACV52」

 3位は東芝「RD-S303」で、シェアは5.7%。録画した番組をフレーム単位で分割・組み合わせできるなど、編集機能にすぐれている。4位は、地上デジタルチューナーのみ搭載するパナソニック「DMR-XE1」で5.7%。リモコンのスタートボタンを押せばすぐにメニューを表示するので、初心者でも使いやすい。5位も同じくパナソニックで、「DMR-XP12」が5.1%でランクインした。3-5位は、すべてHDD-DVDレコーダーだった。その他レコーダーでは、メーカー別に見ると、シャープが1、2位を独占。また、07年や08年発売の型落ちモデルが上位に入っている。 

東芝の「RD-S303」、パナソニックの「DMR-XE1」「DMR-XP12」

 税別の平均単価を見ると、BDレコーダーは8万5000円、その他レコーダーは4万3000円だった(2009年1月1日-12月23日)。「その他レコーダー」よりは少々価格は高いが、BDレコーダーを購入しておくと、高画質・高音質なBDソフトを楽しめる利点がある。もちろん、HDDに録画した番組をBDのメディアに保存することもできる。ただ、一方で「その他レコーダー」は安くレコーダーを導入できるというメリットがある。優先する事項を見極めて、どちらのタイプがよいかを決めよう。(井上真希子)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店からPOSデータを毎日収集・集計している実売データベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで127品目を対象としています。