ウィルコムはPHSとW-CDMAの2つの通信機能を備えたスマートフォン「HYBRID W-ZERO3(WS027SH)」を2010年1月に発売すると発表した。価格はオープン。

HYBRID W-ZERO

 クリアな通話品質のPHSと、下り最大7.2Mbps、上り最大5.7Mbpsの高速データ通信が行える「W-CDMA(3.5G)」の2つの通信機能を持つ世界初の電話機。IEEE802.11b/gに準拠し、公衆無線LANサービスも利用できる。

 タッチ操作に対応する3.5型ワイド液晶のほか、スライド式の10キーを備え、スマートフォンが初めてのユーザーでも操作しやすい。また、ジョグ機能内蔵カーソルキー「Xcrawl(エクスクロール)」を搭載。円を描くようになぞったり、上下左右を押す操作で画面のスクロールやカーソル移動が行える。

 OSには、マイクロソフトの最新モバイルOS「Windows Mobile 6.5」を採用。アプリケーションストア「Windows Marketplace」から多彩なアプリをダウンロードできるほか、本機に保存している連絡先や予定表、ドキュメントなどの各種データを、インターネット上のサーバーに保管できるサービス「My Phone」にも対応する。

 ワンタッチで「Windows Live」へアクセスできる専用キーを携帯電話として初搭載。フォトサービスやメール、ブログ、メッセンジャーなどのコンテンツをすぐに利用できる。また、ID・パスワードなどの複雑な設定作業を行うことなく、Windows Liveメールのアカウントを取得できるアシスト機能も備えた。

 そのほか、手ブレ補正、オートフォーカス対応の有効約500万画素CMOSカメラを搭載。ホワイトボードなどに書かれた会議メモを撮影すると自動的にPDFデータに変換してくれる「PDF SHOT」機能や、雑誌などの店舗情報を読み取り電話帳へ登録できる「情報リーダ」機能を搭載する。本体サイズは幅53×高さ120×厚さ16.9mm、バッテリーを含む重さは約158g。カラーはノーブルブラックとプレミアムゴールド。