マイクロソフトは10月22日、同日に発売開始となった新OS「Windows 7」の記念発表会を実施した。会場では、社長や開発総責任者が抱負を語ったほか、同社のパートナー企業の代表者らが一堂に集まりセレモニーを行うなど、盛り上がりを見せた。

Windows 7のロゴ

 「Windows 7」は、「Your PC, Simplified(あなたとPCに、シンプルな毎日を。)」をコンセプトとしたマイクロソフトの新しいOS。液晶ディスプレイでのマルチタッチ操作を可能にする「Windows Touch」をはじめとした、さまざまな新インターフェイスを採用。従来のOSと比べて起動時間も早くなった。

 樋口泰行・代表執行役社長は「Windows 7は世界同時発売だが、時差の関係で日本が世界で一番早く発売することになった。Windows 7を搭載したPCとしては、15社を超えるパートナー企業のみなさまから非常に魅力的な製品が多数販売されている」と現状を伝え、関係者に感謝の意を伝えた。

マイクロソフトの樋口泰行・代表執行役社長

 また、発売日までの取り組みとして、同社として初めての試みだった予約販売について紹介。「6月の『Windows ありがとうキャンペーン』が好調だったため、9月にも再度予約販売を実施。これらの予約販売の本数をカウントすると、Vista販売時の3か月分に相当する。年末商戦を皮切りに、市場全体の活性化に向けた起爆剤となる」と新製品に対する自信をみせた。

会場ではWindows 7搭載PCがずらりと並んだ

 調査会社IDCによると、Windows 7は2010年末までに世界で1億7700万本以上、日本では1000万本以上のライセンスが出荷されると見込んでいる。また、Windows 7にアップグレード可能なPCとして、世界で2億4600万台、日本では3400万台以上あるとも予想。こうした状況を踏まえ、樋口社長は「アプリケーションや周辺機器を含めた(PC市場全体への)波及効果は大きい」と見ている。

米Microsoft CorporationのSteven Sinofsky Windows&Windows Live担当 プレジデント

 続いて、Windows 7の開発総責任者である米MicrosoftのSteven Sinofsky(スティーブン シノフスキー)Windows&Windows Live担当 プレジデントも登壇した。「Windows 7はユーザーに事前にインタビューを行い、その意見を生かした上で開発した」とこれまでのOSとは開発手順が異なる点を強調。さらに「日本の顧客向けに100以上もの課題をクリアした」と細かな使い勝手まで追求した点を明らかにした。

 同氏はWindows 7の性能が発揮される具体的な利用シーンとして、「Windows Touch」「デジタルテレビ」「Home Networking」の3点を挙げたほか、メールやMessenger、ファイル保存サービス「SkyDrive」などが利用できる「Windows Live」についても言及。「『Windows Live』との組み合わせによって、一層Windows 7の価値が発揮される」と製品の魅力を語った。

Sinofsky氏を含む関係者らで華やかに鏡開き

 このほか、マイクロソフトの藤本恭史・コンシューマーWindows本部 本部長も登場し、Sinofsky氏が紹介した3つの利用シーンを軸に、PCや薄型テレビ、スマートフォンを用いてデモンストレーションを実施。そして、発表会の最後には、マイクロソフトと米Microsoft関係者に加え、PCメーカーや家電量販店など計25社の代表者全員による鏡開きが行われた。

 なお、同社では同製品の発売を記念して、実機に触れて新OSを体験できるイベント「Windows 7 博覧会(セブン博)」を開催する。場所は東京・千代田区のベルサール秋葉原で、期間は10月24-25日の2日間。

PCメーカーや家電量販店など計25社の代表者が一堂に会した
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111395');