電子情報技術産業協会(JEITA)は8月27日、日本国内における09年7月のパソコン出荷実績を発表した。コンシューマ向けの出荷が好調を維持しているほか、企業向けについても回復の兆しが見えてきているという。

JEITAによる09年7月パーソナルコンピュータ国内出荷実績

 09年7月の出荷台数は前年比97.7%となる63万台。内訳は、デスクトップが同94.9%の19万7000台、ノート型が同99%の43万3000台。コンシューマ向けは同110.6%と好調を維持している。また、企業向けについては前年割れが続いているものの、回復の兆しが表れているという。

 地上デジタルチューナー内蔵PCの出荷台数は同156.7%の4万1000台で、うちデスクトップが3万3000台(同214.5%)、ノートが8000台(同75.2%)。

 市場全体としては、先月に続いて前年からの落ち込み幅が縮小し、回復しつつある。また、商品タイプ別では、モバイルノートが好調なことに加え、オールインワン型のデスクトップが対前年比でプラスに転じた。

 また、出荷金額は同80.8%の585億円。内訳はデスクトップが同90.4%の199億円で、ノートが同76.7%の386億円だった。