東芝は8月10日、同社が86年8月-91年9月の間に製造したブラウン管カラーテレビの無償点検・修理を実施すると発表した。あわせて8月11日付の主要新聞紙の朝刊に告知広告を掲載する。

機種名表示位置

 対象機種は「25J-S52」「25C-S60」「28J-Z52」「25S80」「25S82」「25BS91」「25BS900」「25BS911」「29S80」「29BS7」「29BS91」「29BS95」「29BS100」「29BS951」の14機種。対象製品の残存台数は同社による推定でおよそ3000台。

 同社では、上記機種が発煙ないし発火にいたる可能性があるとして、01年4月、04年4月、07年6月に主要新聞紙上にて無料点検・修理を実施する旨の社告を掲載していた。

 しかし、最近になって対象機種による発火事故が発生したことから、更に点検・修理の促進を図るため、再度09年8月11日付の主要新聞紙の朝刊に告知広告を掲載する。これにより、ユーザーへの再周知を図るとともに、引き続きフリーダイヤルによる問い合わせ対応を行う。

 点検・修理連絡窓口の電話番号は「0120-609-221」で、FAXは「0120-267-884」。受付時間は9:00-18:00(土・日・祝日を除く)。なお、8月30日までは土・日の9:00-18:00の時間帯でも受け付けている。点検・修理に際しては、同社サービス部門である東芝テクノネットワークの技術者がユーザー宅を訪問して作業を行う。