コダックと加賀ハイテックは8月5日、動画再生にも対応する7型デジタルフォトフレーム「Kodak EasyShare S730」を8月初旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万9800円前後の見込み。

Kodak EasyShare S730

 解像度800×480ピクセルの7型液晶を搭載したフォトフレーム。画面枠に表示されるランプにタッチして、スライドショー再生、サムネイル表示、画像のコピー・削除などをワンタッチで操作できる「クイックタッチボーダー」機能を備える。

 内蔵メモリは1GBで、SD/SDHCカード、MMC、xDピクチャーカード、メモリースティックなどに対応するカードスロットを搭載する。再生可能な画像形式はJPEGで、そのほかMP3形式の音楽再生、MPEG-4、Motion JPEG形式の動画再生にも対応する。

 電源はACアダプタ。内蔵バッテリーでも駆動し、約1時間のコードレス使用が可能。本体サイズは幅224×奥行き39×高さ157mmで、重さ698g。カラーはブラック。