オリンパスイメージングは7月22日、防水・耐衝撃・耐低温が特徴のコンパクトデジタルカメラ「μTOUGHシリーズ」の新モデルとして、4種類のフィルター機能を搭載した「μTOUGH-6010」を7月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

μTOUGH-6010

 09年1月に発表した「μTOUGH-6000」の後継機。水深3mまでの防水性能、砂やホコリに強い防塵性能、高さ1.5mからの耐落下衝撃性能、氷点下10度までの耐低温性能を引き継いでいる。

 有効1200万画素の1/2.33型CCDと、35mmフィルムカメラ換算で28-102mmの3.6倍光学ズームレンズを備えるほか、新機能「マジックフィルター」を搭載。撮影時、写真の色合いをカラフルにする「ポップ」、周辺光量を落としてトイカメラのようにする「ピンホール」、写真を線画にする「スケッチ」、魚眼レンズ風の写真になる「フィッシュアイ」の4種類の撮影効果を加えることができる。

 液晶モニタは約23万ドットの2.7型「ハイパークリスタルIII液晶」。液晶表面には、反射を抑え、キズがつきにくい「トリプル・コーティング」を採用した。また、本体前面のカラーパネルには、ボディーの小さなすり傷を自然補修する「スクラッチキュアコート」を施した。

 そのほか、CCDシフト式の手ブレ補正機能や、撮影時に自動でシーンを判別して最適な設定を行う「おまかせ iAUTO」機能を搭載。内蔵メモリは45MBで、外部メモリとしてxD-ピクチャーカードとmicroSD/SDHCカードに対応する。本体サイズは幅95.3×奥行き22.4×高さ63.4mm、重さ149g。カラーはレッド、ブルー、ダークグレーの3色を用意する。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111362');