マウスコンピューター(小松永門社長)とエディオン(久保允誉社長)は6月29日、共同企画オリジナルパソコン「E-GG+(エッグプラス)」シリーズとして、フルHD表示に対応する18.4型ワイド液晶搭載のノートPC「EGPN879GS25P」を7月4日に発売すると発表した。価格は14万9800円。エディオンの実店舗および直販サイト「エディオンイードットコム」で販売する。

「EGPN879GS25P」「EGPN879GS25PO」

 カプコンのオンライン専用ハンティングアクションゲーム「モンスターハンター フロンティア オンライン」の推奨スペックを備えるモデル。処理能力とバッテリーの寿命を高める「NVIDIA Hybrid SLIテクノロジー」を採用。「パフォーマンスモード」では3Dゲームが快適に動作するNVIDIA GeForce 9600M GS、それ以外のモードではチップセット内蔵のNVIDIA GeForce 9100M Gと、GPUを使い分ける。

 CPUにはCore 2 Duo P8700(2.53GHz)、4GBメモリ、250GBのHDD、ブルーレイディスク(BD)の読み込みに対応するBDドライブを搭載する。このほか、IEEE802.11b/11g/11nの無線LANに対応。HDMI端子や130万画素Webカメラも装備する。OSはWindows Vista Home Premium with SP1。

 なお、「EGPN879GS25P」にオフィスソフト「Microsoft Office Personal 2007」を搭載する「EGPN879GS25PO」もラインアップする。価格は16万9800円。