HOYAは6月25日、「ペンタックス」ブランドのコンパクトデジタルカメラで、水深5mでも撮影できる「Optio W80」を7月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

Optio W80

 IPX8相当の防水性能を備えたデジタルカメラ。従来よりも外装接合部の機密性を強化し、水深5mで連続2時間の撮影が可能になった。そのほか、IP6X相当防塵性能や、マイナス10度の低温環境下でも動作が可能な耐寒構造、高さ1mからの耐落下衝撃性能なども備える。

 有効1210万画素の1/2.3型CCDセンサーと電子式手ぶれ補正機能を搭載し、レンズの焦点距離は35mmフィルム換算で28-140mm。最大32人までの顔認識AFや、被写体の状況をカメラが判断し、最適な撮影モードを自動で選択する「オートピクチャー」機能も備える。

 さらに、解像度1280×720ピクセル、30fpsのハイビジョン動画撮影にも対応。動画撮影時の手ぶれを自動的に補正する「Movie SR」や、水中での動画撮影に適した「マーメードムービー」モードなども搭載する。

 2.5型で23万ドット表示の液晶モニタを備え、内蔵メモリは約33.7MB。記録メディアとしてSD/SDHCカードも利用できる。本体サイズは幅99.5×奥行き24.5×高さ56mmで、重さは150g。カラーはガンメタルグレー、アズールブルー、カーディナルレッドの3色を用意する。