レノボ・ジャパンは6月24日、14.1型ワイド液晶を搭載したハイエンドノートPC「ThinkPad T400s」を発売した。直販サイトでの価格は19万9500円。別途WiMAXモジュールを内蔵したモデルも7月中に発売する予定。

ThinkPad T400s

 「ThinkPad T400s」は、解像度1440×900画素の14.1型ワイド液晶を備え、LEDバックライトを搭載するノートPC。厚さ21mmのスリムサイズで、徹底した薄型・軽量化を図ったことにより、従来の「Thinkpad T400」に比べて薄さで25%、重さで20%の削減をしている。

 薄型化にあたっては、パネルそのものの薄さを削減。加えて、タッチパッドとキーボード部の段差をなくして平面にしたほか、光学ドライブのイジェクト機構を本体底面部に配置するなどの工夫を施した。また、本体の堅牢製にも配慮し、航空機などにも使用されるカーボンファイバーやグラスファイバーなどを組み合わせた素材を採用した。

タッチパッドの段差部分をなくし、フラットなデザインに

 操作性の面ではキーボードのレイアウトを変更。平均的なユーザーが1週間に700回押すという「Delete」「Escape」キーを大きく配置したほか、キーとキーの隙間を狭めることでチリやホコリが入りにくくしている。また、指紋センサーによるセキュリティ機能を備え、センサーをなぞることによる本体起動にも対応する。

大きくなった「Escape」キー。キーとキーの間も狭めている

 標準構成での主な仕様は、CPUがCore 2 Duo SP9400、2GBメモリ、250GBのHDDを備え、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。OSはWindows Vista Businessで、Windows XP Professionalへのダウングレードも可能。バッテリー駆動時間は標準の6セルバッテリーを使用した場合で最長6.3時間。本体サイズは幅337×奥行き241×厚さ21.1-25.9mmで、重さ1.79kg。

 構成のカスタマイズにも対応し、記録媒体については最大128GBのSSDに対応する。さらに7月には同社としては初となるWiMAX通信モジュールを搭載したモデルの発売を予定。UQコミュニケーションズが提供する下り最大40Mbps、上り最大10Mbpsの高速無線通信を利用できる。

 また、モニタやプリンタなどの周辺機器との接続がワンタッチで行えるオプション機器「ドッキング・ステーション」の構成も刷新。USBやVGA、e-SATAなどのポートを備え、端子構成別に3種類を用意する。

 マット・コドリントン製品事業部長は、新製品について「今までの『ThinkPad Tシリーズ』の中で最も薄く・軽量になっている。日本においてはPCの軽さ・薄さといった強いこだわりがあることに加え、14-15インチのフルスペックPCに強い需要があるので、今回の新製品で市場を開拓していきたい」と意気込みを示した。

マット・コドリントン製品事業部長