ソニーは5月26日、ノートPC「VAIO type A」「同 type F」の09年夏モデルを6月6日に発売すると発表した。価格はオープン。そのほか、仕様をカスタマイズできる直販モデル「VAIOオーナーメードモデル」も同日から発売する。

 「VAIO type A」は、18.4型ワイド液晶、800GBのHDD、Core 2 Duo T9600(2.80GHz)を搭載。画像編集ソフト「Adobe Photoshop Lightroom 2」「Adobe Photoshop Elements 7」を備えた「フォトエディション」と、映像編集ソフト「Adobe Premiere Elements 7」などを備えた「ビデオエディション」の2種類を用意した。

左から「VGN-AW72JB」「VGN-AW52JGB」

 「フォトエディション」の型番は「VGN-AW72JB」で、カラーはプレミアムブラック。実勢価格は32万円前後の見込み。「ビデオエディション」は「VGN-AW52JGB」で、チタングレー。実勢価格は30万円前後の見込み。

「VGN-FW73JGB」

 「VAIO type F」は、16.4型ワイド液晶、Core 2 Duo P8700(2.53GHz)、4GBメモリ、400GBのHDDとブルーレイディスクドライブ、地上デジタルチューナーを搭載したAVノートPC。型番は「VGN-FW73JGB」で、本体カラーはホワイト。実勢価格は21万円前後の見込み。

 「type A」「type F」ともに、OSは、Windows Vista Home Premium with(SP1)の64ビット版を搭載する。

 このほか「VAIOオーナーメードモデル」として、「type A」9機種、「type F」6機種を用意する。さらに、同日から「VAIOオーナーメードモデル」のみで、11.1型ワイド液晶搭載でAV性能を備えた「同 type T」、13.1型ワイド液晶搭載したハイスペックモバイルノート「同 type Z」もそれぞれ3機種ずつ発売する。「オーナーメードモデル」では、メッセージを本体に刻印できる「VAIOオーナーメードメッセージ刻印サービス」にも対応する。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111380');