アイファイジャパンは4月27日、無線LAN内蔵のSDカード「Eye-Fiカード」の新製品として、動画の転送に対応したSDHCカード「Eye-Fi Share Video 4GB」を発売した。価格はオープンで、実勢価格は9980円前後の見込み。

 「Eye-Fiカード」は、撮影した画像をワイヤレスでパソコンやオンライン画像サービスに転送できるデジカメ専用の無線LAN内蔵SDカード。今回発表した「Eye-Fi Share Video 4GB」では、画像に加えて新たに動画の転送にも対応したほか、SDHC規格対応となった。画像と動画はアップロード先を個別に設定することが可能で、カードの容量は4GB。


Eye-Fi Share Video 4GB


 対応するオンラインサービスは、画像がflickr、Picasa ウェブアルバム、mixi、facebookなどで、動画はYouTubeとflickr。無線LANはIEEE 802.11g、OSはWindows XP/Vista、Mac OS X 10.4/10.5に対応する。


 また、新製品発売に合わせ、画像転送のみに対応した2GBの「Eye-Fi Share」の実勢価格を、9980円前後から7980円前後に値下げすることもあわせて発表された。


米Eye-FiのJef Holove・プレジデント兼CEO


 米Eye-FiのJef Holove・プレジデント兼CEOは「写真や動画など、膨大なデータを個人が管理することは大変。われわれはデータが新鮮であるうちに、1番簡単な方法で管理・公開する手伝いをしたい」と「Eye-Fiカード」の目指すところについて語った。


 また、最近ではニコンやカシオ計算機から「Eye-Fiカード」対応のデジタルカメラが発売されており、対応機種ではカードの動作状況を示すアイコンが表示されたり、画像の転送中はカメラの電源が切れないなど、「Eye-Fiカード」と親和性の高い機能を利用できる。