パイオニア、BDプレーヤー3機種、音質にこだわったホームシアター向けも

ニュース

2009/04/14 17:11

 パイオニアは4月14日、フィルムの質感を引き出す「1080/24p出力」に対応するBDプレーヤー3機種を5月下旬に発売すると発表した。いずれも価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、上位モデル「BDP-LX52」が8万8000円前後、「BDP-320」が4万5000円前後、エントリーモデル「BDP-120」が3万円前後の見込み。

 「BDP-LX52」「BDP-320」の2機種は、高画質機能「Deep Color(ディープカラー)」で最高の「48bit」出力が可能。ディスクから得た映像信号を高精度のまま画面へ伝送し、階調表現に優れた滑らかな映像を表現する。なお、「BDP-120」は「36bit」出力に対応する。

 同社のプラズマテレビ「KURO」だけでなく、他社のプラズマテレビや液晶テレビプロジェクターなどの接続する表示機器に合わせて、最適な画質を再現する「ビデオアジャストモード」を搭載。

 さらに、ハイビジョン映像に対応した「トリプルHD ノイズリダクションシステム」を採用し、素材に含まれるランダムノイズやMPEG特有のブロックノイズ、モスキートノイズなどを低減する。HD画質だけでなく、DVDなどのSD画質のコンテンツにも対応する。

 このほか、ホームシアター向けの「BDP-LX52」は、BDやDVDのデジタル伝送(LPCM)で音質劣化の要因となるジッターを最小化する技術「PQLS(Precision Quartz Lock System)」を、世界で初めてHDMI接続で実現。今後発売予定の同社の対応AVアンプと接続すれば、BDやDVDの本来の音質を損なうことなく、高純度な伝送が行える。

オススメの記事