アップルジャパンは3月3日、デスクトップPC「Mac Pro」の新モデルとして、インテルのNehalem Xeonプロセッサを搭載した、8コアモデル「MB535J/A」とクアッドコアモデル「MB871J/A」を、3月8日から順次発売すると発表した。

 インテル製のNehalem Xeonクアッドコアプロセッサを搭載し、パフォーマンスが従来モデルの約2倍に向上。グラフィックスには、GeForce GT 120を標準装備し、さらにBTOオプションで、Radeon HD 4870が選択できる。内部設計を一新することで拡張性を高め、最大32GBのメモリ、最大4TBのHDD、4枚のPCI Express拡張カードが追加可能。

 そのほか、FireWire 800ポート4基、USB 2.0ポート5基、2層記録対応の18倍速スーパードライブなどを備える。なお、ディスプレイは別売り。

 8コアモデル「MB535J/A」は、CPUにXeon 5500シリーズ(2.26GHz)を2基、グラフィックボードにGeForce GT 120を搭載し、6GBのDDR3メモリ、640GBのHDDを備え、価格は35万8800円。

 クアッドコアモデル「MB871J/A」は、CPUにXeon 3500シリーズ(2.66GHz)、グラフィックボードにGeForce GT 120を搭載し、3GBのDDR3メモリ、640GBのHDDを備え、価格は27万8800円。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111352');