ソニーは1月15日、世界で初めてGPS機能を搭載したハイビジョン録画対応のデジタルビデオカメラ「HDR-XR520V」「HDR-XR500V」を、2月20日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は240GBのHDDを搭載した「HDR-XR520V」が15万円前後、120GBのHDDを搭載した「HDR-XR500V」が13万円前後の見込み。

HDR-XR520V

 GPS機能を搭載しており、動画/静止画のファイルへ位置情報を埋め込むことができる。このため、旅行の思い出の映像などを、撮影場所を確認しながら楽しむことができる。また、世界地図も内蔵しており、撮影しながら地図を確認することも可能。

HDR-XR500V

 感度を従来比の約2倍に高める裏面照射型CMOSセンサー「“Exmor R” CMOSセンサー」を搭載する。入射光を効率よく利用することで、高感度を実現したもので、暗所でもノイズの少ない高画質なハイビジョン撮影ができる。このほか、画像処理エンジン「BIONZ」などとの組み合わせにより、最大1200万画素相当の静止画の記録ができる。

 「顔検出」機能を進化させた「スマイルシャッター」機能も搭載。優先したい被写体を子ども、大人から設定できる「優先被写体設定」機能のほか、笑顔を感知するレベルを任意で設定できる。「スマイル検出設定」機能なども搭載する。

 有効画素数は、動画撮影時が415万画素、静止画撮影時が600万画素。35mm換算で43-516mm相当の光学12倍ズームレンズを搭載する。映像の記録方式はAVCHD。ハイビジョン映像の最長録画時間は「HDR-XR520V」が約101時間、「HDR-XR500V」が約50時間。SD解像度での記録やメモリースティックへの記録も可能。本体サイズは幅71×高さ75×奥行き134mm、重さは「HDR-XR520V」が約510g、「HDR-XR500V」が約500g。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111380');