KDDIは12月8日、AAC320kbpsの高ビットレートの楽曲を提供する音楽サービス「着うたフルプラス」を2008年12月下旬から開始すると発表した。

「着うたフルプラス」対応のau端末「Walkman Phone, Xmini」

 圧縮コーデックにAAC方式を採用し、オリジナルのオーディオ情報をより損なうことなく保存することができる高ビットレート320kbps符号化を用いて配信する。現行の「着うたフル」よりも、高音域をカバーする高音質を実現。ダウンロードした楽曲は、視聴のほか携帯電話の着信音としても設定可能。ジャケット写真や歌詞カードもダウンロードできる。1曲あたりのファイルサイズは平均10MB。1曲あたりの価格はオープンだが、発表会見では「現行の『着うたフル』と同等の価格(400円前後)」と説明した。

 「着うたフルプラス」の対応サイトは、ドワンゴやレーベルゲートなどが運営する約15サイトを予定する。なお、現在の対応機種は、au端末「Walkman Phone, Xmini」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)と、「W65T」(東芝製)。また、提供開始に伴い、PC用管理ソフト「LISMO Port」のバージョンアップを同日から実施。これにより、au端末のほか、ソニーのウォークマンやHDDコンポ「ネットジューク」でも利用できる。