松下電器産業は8月25日、HDD内蔵ブルーレイディスク(BD)レコーダー「ブルーレイDIGA」の新シリーズとして、「DMR-BW」シリーズ3機種と、VHS一体型の「DMR-BR630V」を9月1日より順次発売すると発表した。いずれも価格はオープン。

 「DMR-BW」シリーズのラインアップと実勢価格は、HDD容量が1TBの「DMR-BW930」が28万円前後、500GBの「DMR-BW830」が18万円前後、320GBの「DMR-BW730」が15万円前後の見込み。一方、「DMR-BR630V」はHDD容量が320GB。実勢価格は16万円前後の見込み。

 全機種に地上、BS、110度CSデジタル、地上アナログチューナー各1基を搭載する。映像の動きに合わせて最適な圧縮処理を行うMPEG-4 AVC/H.264エンコーダー「アドバンスドAVCエンコーダー」搭載で、シーンに合わせて画像を調整し、フルHD画質で録画ができる。

 MPEG-4 AVC/H.264での記録モード「HLモード」で録画した場合、50GBのBDにデジタルチューナー搭載のBDレコーダーとして世界最長の約24時間、4.7GBのDVDに約2時間、それぞれフルHD画質で録画が可能。さらにHDDには、BSデジタルHD放送の「DRモード」録画時と比較して、フルHD画質で5.5倍長時間録画が可能。

 このほか、リモコンのスタートボタンを押せば、「スタートメニュー」がテレビ画面に表示され、各操作画面に簡単にアクセスできる。録画した番組を、「映画」や「ドラマ」などジャンルを自動的に分類し、見たい番組をプレビューウィンドウで確認できる「録画一覧」を搭載する。

 同社の薄型テレビ「VIERA」のリモコン一つでレコーダーも操作できる「VIERA Link」に対応。従来モデルと比べて待機時消費電力を約8割、消費電力を最大約4割削減した。記録メディアはBD-RE/-R、DVD-RAM/-R/-RW/-R DL。

 なお、「DMR-BW」シリーズは、HD画質で映画が楽しめるビデオ・オン・デマンド映像配信サービス「アクトビラ ビデオ・フル」に対応。12月からサービスが開始される予定の「アクトビラ・ダウンロード」にも対応し、映画などをHDDにダウンロードできるなど、自宅にいながら映画ソフトを購入することが可能。