NECディスプレイソリューションズ(丸山好一社長)は、データプロジェクター「ビューライトシリーズ」で、明るさが3000ルーメンで、世界最軽量の1.6kgの重さを実現した「NP61J」と、明るさ2300ルーメンの「NP41J」を7月下旬に発売すると発表した。

 価格は「NP61J」が31万2900円、「NP41J」が20万7900円。国内・輸出をあわせ、発売後1年間で2機種合計12万台の販売を予定している。

 「NP61J」は、マグネシウムきょう体と、ファンと小型ポンプを組み合わせてランプの冷却する独自開発の冷却方式を採用することで、明るさ3000ルーメンクラスのモデルでは世界最軽量を実現した。

 プロジェクターの電源を入れると、フォーカスセンサーが本体とスクリーンの距離を測定し、投写画面のフォーカスを自動的に調整。投写してから本体を動かした場合でも、素早くフォーカスを合わせることができる。また、内蔵の加速度センサーが本体の上下方向の傾きを検知して、投写映像を自動的にスクエアな映像に補正する。

 6セグメントのカラーホイールと、中間色の再現性に優れた「BrilliantColor・テクノロジー」を搭載。色再現性が高く自然な色合いを実現した。カラーホイールはセグメントに当てるランプ光量をプログラム調整して、目的や用途に合わせた色再現が行える。

 新規開発の振動を抑えた小型ポンプと新規採用の静音ファン、本体内に流れる風の分配を最適化した冷却ダクトの設計を採用。ファンの回転数を低減し、ノーマルモード時で37db、エコモード時では32dbという静音性を実現した。