MS、30万画素センサーのウェブカメラと高性能マイク装備のヘッドセット

ニュース

2008/06/24 13:28

 マイクロソフト(MS)は6月23日、30万画素のビデオセンサーを搭載したウェブカメラ「Microsoft LifeCam VX-5000」と、ネックバンド型ヘッドセット「Microsoft LifeChat LX-2000」を7月11日に発売すると発表した。価格は、「Microsoft LifeCam VX-5000」が5600円、「Microsoft LifeChat LX-2000」が2800円。

 ウェブカメラの「VX-5000」は、自由に折り曲げ可能であらゆる種類のモニタに装着できるのが特徴。130万画素の静止画も撮影できる。ノイズキャンセルやエコーキャンセル機能を備えており、暗い場所や雑音が多い場所でもシャープな映像とクリアな音声を送信可能。MSのメッセージソフト「Windows Live Messenger」を利用すれば、ビデオチャットや写真の共有などを楽しめる。サイズは、縦45×横約45×奥行約102mm、重さは約98g。

 一方、ヘッドセットの「LX-2000」は、折りたたみ式で、自由な位置に調節できる高性能ブームマイクを採用。プラグアンドプレイ方式で利用できる。サイズは縦178×横約162×奥行約79mm、重さは約93g。

オススメの記事