トリニティ、4系統の同時出力が可能なHDMI分配器など

ニュース

2008/05/23 14:08

 トリニティ(星川哲視社長)は、同社のブランド「Simplism」でHDMI ver.1.3に対応する分配機「HDMI Splitter」の2モデルを、6月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は出力端子が2つの「HDMI Splitter 1:2」が1万6800円、4つ搭載する「HDMI Splitter 1:4」は2万2800円前後の見込み。同社のWebサイト「Trinity Online Store」のほか、全国の家電量販店などで取り扱う。

 2モデルともHDMI入力1系統を搭載し、「HDMI Splitter 1:2」は出力2系統、「HDMI Splitter 1:4」は出力4系統を備えるHDMI分配機。HDMI ver.1.3に準拠し、1080pのフルHD映像に加え、色深度を拡張した「Deep Color」や広色域色空間の国際規格「xvYCC」に対応、音声では「ドルビーTrueHD」と「DTS-HDマスターオーディオ」をサポートする。

 接続したHDMI機器同士のスペックに開きがあっても、円滑に使用できるよう調整する同社の独自技術「SmartSplit」を搭載。最大10mまでのケーブルを利用でき、著作権保護技術のHDCPにも準拠する。サイズは幅245×奥行き107×高さ27cmで、重さは680g。

オススメの記事