グリーンハウスは2月15日、米PNY Technologies(ニュージャージー、Gadi Cohen社長)と提携し、PNY製グラフィックボードの国内独占販売契約を締結したと発表。同製品の販売を開始した。

 「PNY Technologies」ブランドのグラフィックボードは、GPUメーカーのnVIDIAから直接供給を受け、マザーボードメーカーやパソコンメーカーとの相互評価を実施するなど、高い信頼性を持つのが特徴。コンシューマー向けモデルからプロフェッショナル向けモデルまで、幅広い製品をラインアップする。

 グリーンハウスでは、グラフィックボードでアメリカ第1位のシェアを持つPNYと提携することで、それに合わせたメモリモジュールの販売拡大と信頼性向上、および周辺機器事業での売り上げ強化を図る。一方、PNYは、日本を含むアジア市場での売り上げ拡大を目指す。