ソフトバンクM、シャア専用ケータイ「913SH G TYPE-CHAR」12月8日に

ニュース

2007/12/06 19:30

 ソフトバンクモバイル(孫正義社長)は12月6日、アニメ「機動戦士ガンダム」の人気キャラクター「シャア・アズナブル」をモチーフにデザインしたシャープ製の携帯電話「913SH G TYPE-CHAR」を12月8日に発売すると発表した。

 「913SH G TYPE-CHAR」は、夏モデルとして07年7月に発売したスライド式端末「SoftBank 913SH」をベースに、巨大な専用充電台を同梱し、オリジナルコンテンツを多数プリインストールした「シャア専用ケータイ」。ボディカラーにはシャアのシンボルカラー「C.A.Red」を採用し、ジオン軍のマークなどのマーキングを各所に施して、ガンダムの世界観を表現した。

 専用充電台「シャア専用ザクヘッド型充電台」は、シャア専用モビルスーツの「ザクII」の頭部を12分の1のスケールで再現。携帯電話本体を充電台にセットするとディスプレイに「シャア専用ザクII」のモノアイを表現したスクリーンセーバーを表示する。なお、充電台は、接着剤・工具を使わずに作れるプラモデルとなっており、ユーザー自身で組み立てる。

 オリジナルコンテンツは、待受画面やメニュー画面、アイコンのほか、「哀 戦士」「颯爽たるシャア」「シャアが来る」などの着信メロディ、「見せてもらおうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらを」「認めたくないものだな。若さゆえの過ちというものを」などの名台詞の着信ボイスもプリインストールする。

 機能面では、ワンセグの視聴や下り最大3.6Mbpsの高速データ通信サービス「3Gハイスピード」に対応。キーボード部を閉じたままでもワンセグやメディアプレーヤーが操作できる「センサーキー」を搭載する。なお、国際ローミングには非対応。

 ディスプレイは、解像度240×400ドット(QVGA)の2.8インチワイドのモバイルASV液晶を採用。容量50MBの内蔵メモリのほか、外部メモリとしてmicroSDカードに対応する。サイズは高さ108×幅50×奥行き17mm、重さは125g。

オススメの記事