富士通、秒針音並みの静音性を実現した300GBの2.5型ポータブルHDD

ニュース

2007/11/21 10:15

 富士通は11月20日、2.5型ポータブルHDD「HandyDrive」シリーズに、300GBモデルの「FPHD4300」を追加し、11月23日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

 HDDへのアクセスが一定時間ないと回転を自動停止するパーワーセーブ機能を搭載し、消費電力を抑えたほか、独自の静音ドライブを採用し、動作音を置時計の秒針音より静かな15dBに抑えた。

 セキュリティ機能として、HDDにパスワード設定できるパスワードロックツールと、データ消去時の情報漏洩を防止するフォーマットツールのソフトを同社ホームページで無料で提供する。

 インターフェイスは、USB2.0/1.1で、USBバスパワーで駆動する。電源が不足する場合は、2つ目のUSBコネクタに接続してバスパワーを助けるバスパーワーアシストケーブルを付属する。オプションでACアダプタも用意する。

 本体は上質感のあるフラッシュサーフェースボディデザインを採用。サイズは幅82×奥行き142×高さ22mmで、重さは240g。対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me、Mac OS X。また、英語版のWindowsとMac OSもサポートする。

オススメの記事