ビックカメラ、中国地区初の「岡山駅前店」をオープン、店内にソフマップも

ニュース

2007/11/06 10:25

 ビックカメラ(宮嶋宏幸社長)は11月5日、中国地区初の「ビックカメラ岡山駅前店」を、JR岡山駅前に11月20日にオープンすると発表した。

 「ビックカメラ岡山駅前店」は、本州と四国の連絡口としての機能を持つターミナル駅・岡山駅の地下商店街一番街と直結し、雨にぬれずに利用できるほか、契約駐車場を約2000台分用意するなど、高い利便性が特徴。売場は地下1階から地上4階までで、売り場面積は約1万1000平方メートル。

 取り扱い製品は、薄型テレビをはじめとするデジタル家電から消耗品、アクセサリまで、中国地方で最大級の品揃えを目指す。また、省エネ型製品を用いて提案する「ビックカメラでエコ宣言!」、最新機能や最先端の商品を紹介する「時代の最先端」、難しい用語の解説や誰もが知りたい情報を提供する「知って納得!」、高付加価値商品を紹介する「この製品機能に注目!」の4つのキーワードをもとに、比較・体感コーナーや提案コーナーを設ける。

 店内には「セミナールーム」も設置し、初めての来店者でも安心して買い物ができるよう、随時、さまざまなジャンルの商品を対象にした体験型セミナーを開催。今回初めて、同社のブログ風サイト「路線上のカメラマン」と連動した写真展も行う。

 さらに、ビックカメラで初めて「ソフマップ」が店内に出店。不要のパソコン・周辺機器・デジタルカメラ・各種デジタル機器・ゲームソフトなどの買取サービスに加え、中古PCや中古周辺機器、中古ソフトなどの販売を行う。買取金額を「ビックポイント」や「ソフマップポイント」で受け取ると、通常の買取金額より10%アップで支払うサービスのほか、岡山駅前店限定で、「ビックポイント」と「ソフマップポイント」のポイント交換サービスも行う。

 なお、開店に先駆け、11月6日から11月19日までの期間限定で、「ビックポイントカード」に新規で申し込んだ人に、もれなく1000ポイントをプレゼントする「ビックポイントカード新規申込みキャンペーン」を実施する。

ビックカメラ=http://www.biccamera.com/


■関連記事
ビックカメラ、特別デザインの「機動戦士ガンダム」イラスト入り年賀はがき
ビックカメラ、駅直結の「JR京都駅店」を8月23日オープン、ICOCAを導入
デル、ビックカメラに続き、ソフマップでも店頭持ち帰り販売を開始
ビックカメラ、ベスト電器の第三者割当増資を引き受け筆頭株主に、業務提携も

オススメの記事