ソフトバンクM、Windows Mobile搭載スマートフォン「X02HT」9月22日発売

ニュース

2007/09/19 21:09

 ソフトバンクモバイル(孫正義社長)は9月19日、「Windows Mobile 6」を搭載したHTC製のストレート型スマートフォン「SoftBank X02HT」を9月22日に発売すると発表した。

 OSは「Windows Mobile 6 Standard Edition 日本語版」を搭載する。PCで作成したExcelやWordファイルの編集・保存、PowerPointファイルが確認できるソフト「Office Mobile」もプリインストール。

 デザインはストレートタイプで、薄さ約13.9mmのコンパクトボディにQWERTY配列のキーボードを備える。ノートPCのタッチパッドのように、指でなぞったりタップして使える「JOGGR」機能も搭載し、使いやすさと持ち運びやすさを両立した。日本語予測変換や数字キーでのアプリケーション起動にも対応し、入力や操作が快適に行える。

 また、Exchange Serverと連携による会社のメールの送受信や、プロバイダなどが提供するPC向けメール、WEBメール、S!メール(MMS)の送受信などを利用できる。国際ローミングやHSDPA方式に準拠した高速データ通信サービス「3Gハイスピード」に対応するほか、IEEE802.11b/g無線LANBluetooth機能も搭載する。

 ディスプレイは解像度320×240ドットの2.4インチTFT液晶。有効画素数200万画素のCMOSセンサーを採用したカメラを搭載する。外部メモリは最大4GBまでのmicroSDカードに対応。本体サイズは幅63×高さ114×厚さ13.9mm、重さは120g。カラーはオレンジ、ホワイト、ブラックの3色。



ソフトバンクモバイル=http://mb.softbank.jp/mb/
HTC Nippon=http://www.japan.htc.com/


■関連記事
本日の機種別ランキング(携帯電話)
ドコモ、スマートフォン新シリーズを発表、富士通、HTC製2端末を投入
ソフトバンクM、「スタイル」にこだわったワンセグ端末など夏モデル13機種

オススメの記事