グリーンハウス、データ転送速度毎秒22.5MBの高速USBメモリ「PicoDrive W」

ニュース

2007/07/26 15:11

 グリーンハウス(小沢武史社長)は7月25日、USB2.0対応の高速USBメモリ「PicoDrive W(ピコドライブ・ダブル)」を8月中旬に発売すると発表した。ラインアップは、1GB、2GB、4GB、8GBの4モデル。価格はすべてオープン。

 データ転送を従来の1チップ転送から2チップ同時のデュアルチャネル転送にすることで、読み込み毎秒22.5MB、書き込み毎秒10MBの高速転送を実現した。同社ホームページからソフトをダウンロードすれば、万が一の紛失時に情報漏えいを防ぐ、パスワードロック機能も利用できる。

 対応OSは、Windows Vista(32ビット版)、XP、2000、Mac OS X 10.1.3以降。パスワードロックソフトの対応OSはWindows Vista、XP、2000。サイズは幅73×奥行き17.5×高さ5.6mm。重さは約11g。なお、Windows Vistaの機能「Windows ReadyBoost」には対応しない。

 実勢価格は、1GBの「GH-UFD1GW」が3280円、2GBの「GH-UFD2GW」が4380円、4GBの「GH-UFD4GW」は7980円、8GBの「GH-UFD8GW」で1万5800円前後の見込み。

グリーンハウスhttp://www.green-house.co.jp/
「PicoDrive W」


■関連記事
本日の機種別ランキング(USBメモリ)
グリーンハウス、軽量26gのSDカード対応携帯オーディオ、2280円前後で
グリーンハウス、アダプタ不要のmicroSD専用カードリーダー・ライター

オススメの記事