東芝、HDD内蔵液晶テレビに同社初の倍速駆動モデル、52V型と46V型

ニュース

2007/07/12 16:04

 東芝は7月11日、毎秒120コマの倍速駆動に対応したフルハイビジョン(フルHD)対応液晶テレビ「52H3300」「46H3300」を7月20日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は、52V型の「52H3300」が62万円前後、46V型「46H3300」が52万円前後の見込み。

 容量300GBのHDDを内蔵し、テレビだけでデジタル放送をハイビジョン録画できる「H3000シリーズ」をベースに、新たに毎秒120コマの描画に対応した液晶パネル「10ビット駆動フルHD液晶パネル」と新回路「フルHD・モーションクリア回路」を採用した特別仕様モデル。倍速駆動に対応したモデルは、同社の国内向け液晶テレビでは初めて。

 動画の応答性を改善するため、ハイビジョン放送の1画素ごとの動きを検出する「ピクセル単位動きベクトル検出技術」や、映像情報を分析して特徴を検出するエリアを最適化する「オブジェクト適応フレキシブル予測技術」などの新技術を「フルHD・モーションクリア回路」に採用。これらの技術により、毎秒60コマで送られてくる映像を毎秒120コマに増やす際に、残像を低減させた高画質なフルHD補間映像の生成を可能にした。

 加えて、「10ビット駆動フルHD液晶パネル」と画素一つ一つをランダムに点灯することで中間階調を表現する「魔方陣アルゴリズム・プロ」などの技術を組み合わせ、最大1万6384階調の色表現を実現。液晶パネルのバックライトに使う蛍光体の変更により原色の色純度も改善し、従来モデルに比べて112%の色再現性も実現した。

 毎秒24コマのフィルムで製作された映画の質感を忠実に再現する「5-5フィルムモード」を搭載。HD DVD対応機器などから出力される毎秒24コマのフィルム映像を受け付ける、HDMI 1080 24p入力にも対応する。動きが滑らかな「スムーズモード」も選択可能。

 解像度は1920×1080画素。チューナーは、地上デジタル・地上アナログ各2基とBSデジタル・110度CSデジタル1基を搭載。また、HDMI入力端子を2系統、PC(D-SUB)入力端子を1系統などを装備する。

東芝http://www.toshiba.co.jp/

オススメの記事