ロジテック(葉田順治社長)は5月16日、読み取り不能になったHDDやリムーバブルメディア、フラッシュメモリなどのデータを復旧するサービス「データ復旧サービス」を6月1日に開始すると発表した。パソコン周辺機器メーカーでデータ復旧サービス参入は同社が初めて。

 ロジテックが持つ特殊技術を使って内部にあるデータを復旧する。HDDをはじめ、フロッピーディスク、CD、DVD、MO、SDメモリーカード、コンパクトフラッシュなどのメモリカード、RAIDデータ、暗号化データといった幅広いメディアやデータ形式に対応する。データ復旧のためには記憶メディアのユニット本体を分解、場合によっては破壊するケースも想定している。

 ロジテックによると、市販のデータ復旧ソフトの場合は、症状が比較的軽くBIOS上で認識可能な状態に限定されるうえ、残った情報の一部を書き換えてしまったり、物理的な障害の場合には復旧ができない可能性があるという。新サービスでは物理的な障害があった時でもデータの復元が可能だとしている。