バーテックスリンク(南部隆宏代表取締役)は4月24日、クマ型ブロックタイプフィギア「BE@RBRICK(ベアブリック)」にUSBメモリを内蔵した「Memory BE@RBRICK」シリーズを6月下旬から発売すると発表した。カラーはレッド、イエロー、ブルーの3色。価格はオープンで、実勢価格は4980円前後の見込み。

 バーテックスリンク(南部隆宏代表取締役)は4月24日、クマ型ブロックタイプフィギア「BE@RBRICK(ベアブリック)」にUSBメモリを内蔵した「Memory BE@RBRICK」シリーズを6月下旬から発売すると発表した。カラーはレッド、イエロー、ブルーの3色。価格はオープンで、実勢価格は4980円前後の見込み。


 「BE@RBRICK」は、メディコム・トイが「デジタルイメージのテディベア」をコンセプトに製作したブロックタイプのクマ型フィギュア。本体は首、手足など9つのブロックからなっており、肩や足などが動くのが特徴。

 「Memory BE@RBRICK」シリーズは、「BE@RBRICK」の足元にUSBコネクタを搭載。足だけ動かすことはできないが、首など7か所は「BE@RBRICK」と同じように動かすことができる。初回は各カラー2000台ずつ限定で販売。今後は表面のカラーやデザインを変更したモデルを順次発売していく計画。

 容量は512MBで、対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me、Mac OS 9.x/Mac OS X v10.1.3以降。