クリエイティブメディア(クリエイティブ)は3月12日、従来モデルより15%薄型化したHDDタイプの携帯オーディオ「CREATIVE ZEN VISION:M 60GBスリムモデル」「ZEN VISION W 60GB スリムモデル」を3月中旬に発売すると発表した。

 クリエイティブメディア(クリエイティブ)は3月12日、従来モデルより15%薄型化したHDDタイプの携帯オーディオ「CREATIVE ZEN VISION:M 60GBスリムモデル」「ZEN VISION W 60GB スリムモデル」を3月中旬に発売すると発表した。

 「CREATIVE ZEN VISION:M 60GBスリムモデル」は、60GBのHDDと2.5型のカラー液晶ディスプレイを搭載し、音楽や動画、写真を再生できる多機能プレーヤー。動画は、WMV9、MPEG4、DivX、XviDなど、さまざまなファイルフォーマットに対応。パソコンを使わず、直接デジタルカメラやUSBメモリから直接ファイルを転送できるUSBホスト機能も搭載する。カラーはブラックとホワイトの2色。

 「ZEN VISION W 60GB スリムモデル」は、60GBのHDDと画面比率が16:9の4.3型ワイド液晶を装備した上位モデル。タイプI・IIのコンパクトフラッシュ(CF)を直接挿入できるCFカードスロットを装備し、メモリカードから直接データをコピーできるのが特徴。別売りのCFアダプターを使うことで、SDメモリカードやメモリスティックなども接続できる。

 どちらも従来の60GBモデルより約15%、本体の厚みが薄くなった。本体サイズと重さは「ZEN VISION:M 60GBスリムモデル」が幅62×高さ104×奥行き19mmで170g、「VISION W 60GB スリムモデル」が幅134×高さ77×奥行き22mmで280g。

 同社はまた、フラッシュメモリタイプの携帯オーディオ「CREATIVE ZEN V PLUS 8GB」の新色「同 ブラック/レッドモデル」と、同社製携帯オーディオ「ZEN VISION:M」「ZEN V PLUS/V」シリーズ用のスピーカーシステム「CREATIVE PlayDock Z500」を3月下旬に発売すると発表した。

 「CREATIVE ZEN V PLUS 8GB ブラック/レッドモデル」は、8GBのメモリと1.5型の有機ELカラーディスプレイを搭載し、音楽のほか、JPEG形式の写真とトランスコード変換したAVIビデオも再生できる。本体サイズは幅43.5×高さ67.5×奥行き15.9mm、重さは43.5g。

 「CREATIVE PlayDock Z500」は、本体中央に対応プレーヤーをセットし、付属のリモコンで操作できるサブウーファー内蔵の2.1chスピーカーシステム。AV出力端子を搭載し、「ZEN VISION:M」では、携帯オーディオ内に保存してある動画をテレビに出力することもできる。

 価格はすべてオープン。クリエイティブストア価格は、「ZEN VISION:M 60GBスリムモデル」が3万4800円、「VISION W 60GB スリムモデル」が4万4800円、「ZEN V PLUS 8GB」が2万4800円、「PlayDock Z500」は2万9800円。